ゴキブリの種類

トビイロゴキブリ

今は多くのお宅でゴキブリ駆除もしっかりやっているようです。ゴキブリは外から侵入しますので、周りのお宅もそれなりに駆除をしてくれないと、ゴキブリに悩まされるようです。

あるお宅では、アパートを変えたとたんにゴキブリに悩まされるようになったといいます。どんなにゴキブリ駆除対策をしてもダメで、周りのお宅からのゴキブリが入ってくるようです。あらためて以前のアパートの人たちがゴキブリ駆除をしっかりやってくれていたかがわかったといいます。

見ただけでも気持ちが悪いゴキブリですが、そんなゴキブリがさらに大きかったらよけいにゾッとします。外国から入ってきたゴキブリは、大きなものが多いようです。

しかし、トビイロゴキブリは、アフリカが原産地と考えられていますが、外国から入ったとされるゴキブリにしては小型で、姿はワモンゴキブリに似ています。

熱帯地方や、亜熱帯地方に多く分布している熱帯のゴキブリのため、国内では南西諸島や小笠原諸島に多く見られます。各地の暖房設備の整った地下街とかレストランなどでたまに発見されます。一年を通して温度、湿度の高い場所に多く生息し、屋外ではあまりみられないゴキブリです。

トビイロゴキブリは、見た目が不潔で、普通のゴキブリ以上に不快感や恐怖感、嫌悪感を与えます。食中毒菌など各種の病原菌を撒き散らし、食品への異物混入事故他、電気機器の故障を引き起こす原因となるゴキブリです。

その他古い書物などを食べたり、排泄した糞が染みとなり汚染されるため、文化財の害虫としても扱われているという、なんとも厄介なのがトビイロゴキブリです。