ゴキブリの豆知識

なぜ忌み嫌われる?

ゴキブリ他にも気持ち悪い虫はたくさんいます。私はゴキブリよりもムカデに恐怖を感じます。ゴキブリ駆除以上に、ムカデ対策に頭を傷めます。今住んでいるところはムカデが出没しますが、生まれた佐久はムカデなど見たこともありませんでした。ムカデもゴキブリと同じく、寒い冬は卵が越冬できないのでしょうか。

とにかく、ムカデ対策が知りたくてネットで検索しようと開いたところが、なんと!パソコンの画面いっぱいにムカデがウヨウヨ!!!さすがの私も気絶しそうでした。あれは、いけませんよね。いたずらにしても酷すぎます。

私の場合はゴキブリにはそれほど恐怖を感じないのですが、人によっては飛び上がります。なぜ、見ただけで恐怖を感じるかの一説にこんな話があります。

それは、何万年という過去にさかのぼるのですが、人間の脳は、大昔の進化の過程で魚類だとか、恐竜だのがいたころの脳を持っていて、その脳内の昆虫だった頃の記憶が黒い虫への恐怖の根源だとか。黒い虫は共食もするので、昆虫は皆黒い虫に食われるという恐怖を感じるという、その恐怖の記憶のなごりとも言われています。

ある人はあの大きさが怖いと言います。蚊などように小さかったら気にせずにプチプチと、しかも素手で殺せるのですが、ゴキブリはだめだと言います。しかし、もっと大きくなればカブト虫のように見えるのですけれどね。本当に小さいカブトムシは、ゴキブリみたいで気持ち悪いです。

固そうだし、油で汚れた様な汚さがダメだという人もいます。世の中には、ペットとして飼っている人もいるけれど、ゴキブリ駆除に頭を傷めている人もいるというのに、なんの因果でペットとして飼っているのかと憤慨している人もいます。

ゴキブリが嫌われている多くの理由は「1:表面が油を塗ったようにテカっている」「2:すばやく動く」「3:黒くて目立つ。」「4:生ゴミ等、不潔な場所を好む」「5:壁でも天井でもどこでも歩く」と、多くの人があげています。