ゴキブリの豆知識

ゴキブリはカマキリの親戚

ゴキブリはあんなに小さくて、カマキリは昆虫の中でも大きいほうなのに、でもゴキブリとカマキリは親戚なのだそうです。

どちらかと言えば、カマキリよりもシロアリやアリと近いような気がしますが、腹部の先端に2つのヒモ状のようなものが付いてる種類は、全て親戚関係にあります。シロアリやコオロギなどはゴキブリに近いのですが、でも、親戚関係にはならないようです。しかし、近年の分子系統学の発展で、この分類の仕方も大きく揺らいでいるといいます。

ゴキブリとカマキリは親戚だと聞いたら、カマキリも嫌いになったという人がいました。大嫌いなのですね、ゴキブリが。ある人はゴキブリの顔とカマキリの顔をよく見たらそっくりだったと言っていました・・・

カマキリは、交尾の後メスがオスを食べてしまうのですが、男の人を食い物にする女性のことをカマキリ女というのも、そのことからきています。

稲刈りなどをしていると、カマキリがけっこういて、色もそんなに悪くないのに、なぜか見るとぎょっとします。イナゴも見る人が見ればゲテモノになるのですが、イナゴは食べられます。それなのに、なぜかカマキリは気持ち悪いです。

同じ親戚同士でも、カマキリは家の中に入ってこないからいいのですが、ゴキブリは家の中に、しかもキッチンに出没するのですから困ります。そして、夜中にトイレに起きた時に姿を見せますからよけい嫌です。

ゴキブリ駆除に、ゴキブリホイホイを置いておくのですが、捕まったゴキブリを見なければならないので、あれを見るのがまたいやですよね。